映画『キャプテン・マーベル』のネタバレ、あらすじ、感想【最新】

3月15日(金)に公開予定の映画『キャプテン・マーベル』のあらすじやネタバレ、感想についてまとめていきます。

マーベルコミックが生んだヒーローが集結する大人気シリーズ、「アベンジャーズ」に連なる「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」の一作です。

監督は共同となっており、『ワイルド・ギャンブル』『ハーフネルソン』のアンナ・ボーデンとライアン・フレックが務めています。

出演に『ルーム』『キングコング 髑髏島の巨神』のブリー・ラーソン、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のジュード・ロウ、『アベンジャーズ』シリーズの大ベテランサミュエル・L・ジャクソンなどが顔をそろえています。

マーベル初となる、女性ヒーローの単独主役作で、ジャンルはサスペンスとアクションを混ぜたような雰囲気です。

アベンジャーズ結成以前の1990年代が舞台となり、過去の記憶を失ってしまった女性ヒーロー、「キャプテン・マーベル」の戦いを描いています。

2019年/アメリカ/監督:アンナ・ボーデン ライアン・フレック/キャスト:ブリー・ラーソン(キャプテン・マーベル) サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー) ベン・メンデルソーン(タロス) ジャイモン・フンスー(コラス) リー・ぺイス(ロナン)

キャプテン・マーベルあらすじ

1995年、アメリカ・ロサンゼルスのビデオレンタルショップに、空からひとりの女性が落ちてくるところから物語ははじまります。

彼女(キャロル・ダンバース/キャプテン・マーベル)は地球外生命体のDNAを身体に宿しており、超人的な特殊能力を持っています。

驚異的な能力の持ち主ではありますが、彼女自身はれっきとした地球人です。クリー人の特殊部隊「スターフォース」に所属する、スーパーエリートでありました。

その任務中に、1995年、彼女の故郷であるロサンゼルスにあるレンタルビデオショップ「ブロック・バスター」に墜落したのでありました。

事故の影響から、彼女は過去の記憶を失ってしまい、度々身に覚えのない記憶のフラッシュバックに悩まされることとなりました。しかし、この記憶の中に、重要な情報が隠されており、そんな彼女の記憶を狙って、自由自在に姿を変えることができる正体不明の敵が現れます。

そして、地球が2つの地球外生命体同士の戦争に巻き込まれることとなります。地球の危機を救うべく、彼女は後の「アベンジャーズ」結成の立役者である若き日のニック・フューリーとともに、自らの記憶をめぐる戦いへと立ち上がっていきます。

キャプテン・マーベル見どころ

キャプテン・マーベルの見どころを2つ紹介します。

まずは、マーベル初の女性ヒーローを演じることとなった、主演のブリー・ラーソンについて紹介していきたいと思います!

ブリー・ラーソン

『ルーム』の出演で一躍脚光を浴び、勢いをそのままに同作で2016年のアカデミー賞主演女優賞、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞を受賞しました。

『キャプテン・マーベル』主演の抜擢されたことで、再び世界中で注目されることとなった彼女の演技を見逃せませんね。

サミュエル・L・ジャクソン

『パルプ・フィクション』『スターウォーズ』など、数々の名作で名演技をみせてきた、誰もが知る名優、サミュエル・L・ジャクソンです。

これまでのアベンジャーズシリーズでもニック・フューリー役を演じてきた彼ですが、今回注目すべきポイントは若き日のニック・フューリーを演じるという点です。

本作でサミュエル・L・ジャクソンはデジタル処理によって、若々しい姿で登場するそうです。今回は特徴である眼帯もしていません。

昔から映画をお好きな方であれば、若かりし頃のサミュエル・L・ジャクソンと重ねて楽しめるかもしれませんね!

キュートなキャラクター「グース」

今作で登場するキャラクター「グース」。

この愛らしい姿と背景や他メンバーとのギャップが受け、SNS上で話題となりました。

いったいどういった立ち位置なのでしょうか…。超能力をもったサイドキックなのか、ただのペットなのか、はたまた敵か味方か…。

「グース」にも注目です!

キャプテン・マーベル感想

まだ公開前ですので、感想はお書きできませんが、個人的な期待や予想を書いていきたいと思います。

まずはやはり長らく人気となっている「アベンジャーズ」シリーズの始まりの物語であるというところが気になりますね。

アベンジャーズシリーズにはたくさんの謎があり、どの作品も関連をにおわせるシーンがたくさんあり、今作に繋がったり、他の作品と繋がるシーンがたくさん隠されていると思われますので、鑑賞の際は気を抜けなさそうです。

公開が楽しみですね!

キャプテン・マーベルを観た感想

まず、キャプテン・マーベル役のブリー・ラーソンが美しすぎました。

強くてカッコよくて美しくて、時には可愛らしい姿が観られ、完全に虜になりました。

女性キャラが男性キャラよりも強くてカッコよく描かれているヒーロー作品は昔はあまりなかったですが、爽快な気分になれました。

ただ、規格外に強すぎる気がしました。

あそこまで強いと無敵じゃないか・・・。

あと、最新のデジタル技術のおかげだとしても、フューリーが若い状態でスクリーン内で動いている姿は感動しました。

また、目のケガが何故できたのかが分かって面白かったですね。

グースは普通に可愛かったです。

もっともっとスポットを浴びても良いのに・・・。

映画を観終わって直ぐに、『アベンジャーズ エンドゲーム』が始まる前にマーベル作品を改めて見直そうと思える作品でした。

『アベンジャーズ エンドゲーム』でキャプテン・マーベルが大活躍すること間違いないですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする