【キック・アス】ヒットガールがかわいい!あらすじ&感想とネタバレ

映画

マーク・ミラー原作の人気アメコミの実写化を「キングスマン」のマシュー・ヴォーン監督が手掛ける。

少年少女の苦悩、そして正義と悪の戦いを描いた本格ヒーローアクション。

 引用:https://海外ドラマランキング.club/wp/wp-content/uploads/2018/02/1233.jpg

2010年/イギリス・アメリカ/監督:マシュー・ヴォーン/キャスト:アーロン・ジョンソン(キック・アス/デイヴ・リズースキー) クロエ・グレース・モレッツ(ヒット・ガール/ミンディ・マクレイディ) ニコラス・ケイジ(ビッグ・ダディ/デーモン・マクレイディ) クリストファー・ミンツ・プラッセ(レッド・ミスト/クリス・ダミーコ) マーク・ストロング(フランク・ダミーコ)

キック・アスあらすじ

根暗で目立たない。

アニメやコミックを愛する、いわゆるオタク。

スポーツもできないし、頭もよくない、金持ちでもないし、面白いジョークが言えるわけでもない。

家ではインターネットで動画を見るかチャットをするか、コミックを読むか。

学校では同じような友だちと話すだけで、他の誰からも相手にされない。

ただそこに存在してるだけ…。

気になるあの子に話しかけられたと思っても、自分の勘違い。

 

デイブ・リズースキー(アーロン・ジョンソン)もよくいるそんな少年の一人である。

 

彼はバットマンやスパイダーマン、X-MENに憧れる、ヒーローオタクだ。

しかし、彼には特殊能力もなければ、親の仇もいなく、ヒーローになる理由がない。

 

いつものように行きつけのコミックカフェで友人のマーティ(クラック・デゥーク)とトッド(エヴァン・ピーターズ)と話していると、ある問いがデイブの中に浮かんできた。

『なぜ、だれもスーパーヒーローになろうとしない?』

友人たちはそれを笑うが、デイブは真剣に考え込む。

その帰り道、デイブらは不良にからまれ、携帯電話や現金を取り上げられるが、こんなことはいつものこと。

大人がこのやりとりを見て見ぬふりするのも、いつものこと。

 

思い悩んだまま、家に帰ったデイブはインターネットでウエットスーツとマスクを購入する。

荷物が届くと、さっそく着替え全身真緑に変身するデイブ。

それから彼は街に繰り出し、ヒーロー活動を始めようとするが、先日の不良にボコボコにされ、最終的にはナイフで腹を刺されてしまう。

しかし、このことで彼は神経が傷つき、「無痛」という能力を手に入れるのだった!

 

懲りずに自己満足のヒーロー活動を続けるデイブに、転機が訪れる。

ギャングから逃げる男性を救う様子を人々に目撃され、瞬く間にテレビニュースやツイッターで拡散されたのである。

このことから一躍、「スーパーヒーロー」として有名になるのである。

そのスーパーヒーローの名は…、「キック・アス」!

キック・アスみどころ

キック・アスがダサカッコイイ!

引用:https://nerdist.com/new-kick-ass-patience-lee-mark-millar/

キック・アスがギャングと格闘するシーンでのやりとり

「なぜそいつを助けるんだ!?おまえと何の関係もねえやつだろう?」

とギャングに聞かれ、キック・アスはこう答えます。

「おまえらの暴力をみんな黙って見てる。

僕はそれが許せないんだ!

僕は死んでも構わない。

かかってこいよ!」

自分が不良に絡まれたシーンや、ヒーローになる理由と繋がる重要なセリフです。

ただのオタク少年が信念とコスチュームだけで悪に立ち向かう。

痺れますね~。

この後もキック・アスはヒット・ガール(クロエ・グレース・モレッツ)やビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)、レッド・ミスト(クリストファー・ミンツ・プラッセ)との出会いの中で、様々な困難や葛藤を抱えます。

どのようにキック・アスが立ち向かっていくのか、必見です。

 

キュートでバイオレンスなヒット・ガール!

引用:https://media.nbcmiami.com/images/652*489/Chloe+Moretz+in+Kick+Ass.jpg

ヒット・ガール(クロエ・グレース・モレッツ)はまだ11歳の少女ですが、幼少のころからビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)による特殊訓練を受けてきた、本物のスーパーヒーローです。

悪に対しては容赦なく、その戦い方はまさに残虐非道。

キュートな外見とは裏腹に、相手が叫ぼうが、自分の身体が血にまみれようがお構いなしで、バッタバッタと敵を倒していきます。

ヒット・ガールの激しいアクションシーンは痛快で、見ていて気持ちよく、可愛くて小さな体とのギャップに笑いさえこみあげてきます。

キック・アス感想

この作品は大きく2つの視点で楽しむことができるように感じました。

1つ目は主人公キック・アスです。

「ヒーローになりたい!」

誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

あの頃憧れた、ウルトラマン、仮面ライダー、プリキュア、ドラゴンボール…。

忘れかけていたそんな気持ちをくすぐられる作品です。

また、映画や音楽オタクの私にとって、主人公にはとても共感しやすく、自分と照らし合わせて鑑賞できました。

 

2つ目はヒット・ガール、ビッグ・ダディ親子。

2人はとても仲が良く、見ていてほっこりするようなシーンが多いです。

しかし、会話の内容が殺しに関することばかりで、そのギャップがなんとも笑えます。

そんな2人の絆はとても強く、ヒット・ガールがビッグ・ダディを救出するシーンは感涙必至です!

 

そんな、「キック・アス」を観るなら「U-NEXT」がおすすめ!!

視聴は安全かつ満足度の非常に高いU-NEXT公式サイトからどうぞ!

※本ページの情報は2018年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

アイキャッチ画像引用:https://海外ドラマランキング.club/wp/wp-content/uploads

タイトルとURLをコピーしました