ホワイトデーに告白を女からするのはアリ?

恋愛

ホワイトデーは言わずと知れた2月14日のバレンタインデーでチョコレートやプレゼントを女性からもらった男性が、一ヶ月後の3月14日に何かしらのお返しをすると言われている日になり日本で生まれた習慣とされています。

アジアの一部でもこの習慣が見られる事もあるようですが、バレンタインデー発祥の欧米にホワイトデーの習慣はありません。

そもそも欧米ではバレンタインデーに男性から女性にプレゼントや愛の告白をする日とされているからです。

バレンタインデーでの告白

近年、バレンタインデーはもはや自分へのご褒美チョコレート、友達や家族への感謝チョコレート、職場の男性への義理チョコレートをどうするか?という事にクローズアップされてるように見受けられます。

チョコレートのイベントが各地で開催され、世界からカリスマショコラティエが来日したり、高級なチョコレートがたくさん売られていて、とても華やかなイベントの一つになっています。

若しくはカップルがバレンタインデーに一緒に甘いものを食べに行ったり、ちょっとしたプレゼントをしたりするデートをする日、という認識が強いのではないでしょうか。

従って、バレンタインデーに片思いの男性にチョコレートや何かしらのプレゼントを渡して愛の告白をするという事をメインにしているという話はそれぞれこっそり計画してるものと考えられます。

しかし、バレンタインデーに何かしらの理由で「告白」が出来なかったり会えない場合があるとします、そういった場合にホワイトデーという日を使って、「告白」を決行するというのもいいかもしれません。

バレンタインデーに逆チョコレート

ではどうして女性がホワイトデーに女性から男性に告白する事もいいのではないか?と思ったかと言いますと、冒頭でもお伝えした通り欧米でバレンタインデーは男性から女性にプレゼントや告白をする日とされています。

ここは日本ですが?となると思いますが、日本でも男性から女性に贈り物をするのもいいのではないか?と思うからです。

以前、知り合いの女性がバレンタインデーに職場で同僚の男性から不意打ちでチョコレートを貰ったそうです。

特に告白をされるわけでもなく、特別な包み紙でなどはなかったようですが、他の女性にそういった物は渡したりせず、ランチタイムの時間帯に「はい、今日バレンタインだから。」とサラッと自分だけに渡してきた為、その彼へ特別な感情を抱いてはいなかったようですが、とてもうれしかったそうです。

その後、特に彼女からアクションを起こしたりする事はなかったので、何も起こらなかったようですが逆チョコレートを貰った事によってその彼の事は何年も経った今でも印象に残っているそうです。

ホワイトデーに女性から告白

バレンタインデーに逆チョコレートで印象付けるという事は「アリ」だと思いますので、そうなると自ずとホワイトデーに女性から告白するという行為も「アリ」なのではないかと考えられます。

しかしながら、そもそもバレンタインデーに会う事が出来ないからホワイトデーに日にちを変えているという事ですから、バレンタインデーに会えない関係=うまくいかない可能性が高めというリスクも考慮しておかなくてはなりません。

本命の彼が仕事が忙しいとか様々な理由はあると思いますが、事前に彼女や奥さんがいないかなどのリサーチをしておく必要があると思います。

バレンタインデー及びその付近に会えないという事はその可能性もあるという事です。

相手にパートナーがいるから、付き合うとかではなくて、気持ちを知ってもらうだけでもいいから渡したいというのは自分のエゴでしかありません。

結局そこにはあわよくばな下心が見え隠れしているからです。

自分の彼が他の女性からプレゼントを貰ってうれしそうにしていたら気分は良くないと思います、それと同じ事をしようとしている事になります。

ですから、事前にそういった相手がいない事が分かりましたらホワイトデーに告白をするであろうと悟られないように約束をすると相手も構えずに済むと思います。

バレンタインデー付近に呼び出されると、男性も構えてしまうかと思いますが、ホワイトデーはバレンタインデーに比べてメディアなどで取り上げられる数も圧倒的に少ないですし、バレンタインデーよりイベントという認識も世間的に薄く、まさかホワイトデーに告白されるとは思わないと思うからです。

それに、「バレンタインデーに会えなかったからホワイトデーになってしまったけれど、どうしても思いを伝えたかった」などと一生懸命な気持ちを見せるのはとても印象がいいものと思われます。

知り合いの男性にもホワイトデーに告白されたらうれしいかと訊いたところ、意外性に驚くと思うけれど、印象には残ると思うとの事でした。

人によるとは思いますが、そもそも好意がない女性と二人で会う事はしないという男性は世の中には多数います。

好意の度合いはあれど二人で会える関係性であれば、一歩踏み出す日がたまたまホワイトデーだった、ただそれだけの事だと思えば、それもいいきっかけとして使うのも一つの手段だと思います。

ホワイトデーに告白を女からするのはアリ?まとめ

バレンタインデーに男性から女性に逆チョコレートは「アリ」だと考えられるので、女性が男性にホワイトデーを使って告白するのも「アリ」と考えられる。

意外性をうまく利用して相手に自分を印象付けて、春になる前に自分に「春が来た」となりたいですね。

タイトルとURLをコピーしました